貴方の為のフォレックス

「利食い」と「損切り」投資で忘れがちな大切なこと


近年は様々な金融商品が世の中に紹介され、テレビのCMなどでも目にする機会が多くなりました。
特にバイナリーオプションという投資取引には人気が集まっていて、その理由の一つに一定の期間で必ず得か損かの確定が必ず行われ、自分の意思を介在させる事がなく簡単で明瞭である、というのが挙げられると思います。
投資取引で一番むずかしいのは、やはり利益と損失を確定させるタイミングでしょう。
とくに、損失をどこまでで抑えるのかは、非常に難しい判断を迫られることになります。
しかし、逆を言えばそれが醍醐味であり、バイナリーオプションは一定の期間で一定の利益しか得ることが出来ませんが、フレキシブルな投資取引であるFX、は為替レートの動向によっては大きな利益を上げることが出来るのです。
一見すると投資取引は利益を上げていく「利食い」の方が大切と思われがちですが、実はいかに損をしないか、損を抑えるか、つまり「損切り」を徹底してくことが、勝率を上げる一番の近道となるのです。

FXで取り引きをしていると、予測通りに為替相場が動いていき、みるみるうちに数値上で利益が膨らんでいくことがあります。もちろんそのまま放っておけば、いずれは数値は動いていき下がっていくこととなります。
投資取引は、その取引自体を確定させるまでは、利益も損失も発生しません。多くの場合は、下がっているものはいつか上がりますし、上がっているものはやがて下がります。ですので、まずは為替相場の動き方を、取引確定をするまでの間は、ただ単に数字が上がっているだけと考えるほうがいいでしょう。
ここから先は、それぞれの投資家の考え方になっていきます。どこで利益を取り込んで確定し、どこで損を見切って確定していくか。これが勝負の世界になってきます。
人間は弱い生き物ですので、利益が目の前で上がっていくのを見ていると欲が出てしまい、ついもう少し、もう少しと様子を見ているうちに、一気に下がってしまうこともあります。
また、その逆もしかりで、どんどんと損失が大きくなってしまい、しかしいつか反発して損を取り戻せるだろう、と思っているうちに、取り返しのつかない損失を抱えるしかない状況に追い込まれてしまうということもあります。
投資取引で一番大切なのは、こうむる損を極力小さくすること、そして、その小さく抑えた損失を利益が上回ることです。
当たり前の事ですが、どんなに少ない利益であっても、損失を利益が上回っている限り、損をすることは絶対にないのです。利益を作るのは損失をいかに抑えるように考えていくか、この辺りをよく考えて自分の投資の方向性を決めるとよいでしょう。
 

 

  • FX取引

    FX取引をしていくときに、自分の考えだけでは上手くいかないこともあります。そのときは、取引歴の長い先輩に聞いてみるという方法があります。

     
  • チャート研究

    自分だけでチャートを研究・検証していても考えが煮詰まってしまうことがあります。それどころか、間違った手法で取引してしまうことになりかねません。

     
  • 正しい方法

    ですから、FXは正しい方法で取引をしている人に聞くとか、正しいやり方で行なっている人の書いた本を参考にするとか、さまざまな所から学ぶのが良い方法です。

     
  • 役に立つ

    取引は正しいやり方で行えば、FX取引は経済的に自分の役に立ちます。経済的自由を勝ち取るために、FXを 正しくリスクも含めてたくさん学びましょう。