貴方の為のフォレックス

ボリンジャーバンドについての解説


ボリンジャーバンドとは平均値よりも売られすぎか買われすぎかを判断することできる手法です。数学の授業で聞いたことがあるかもしれないですが、標準偏差というものを用います。この手法をマスターすることによって、FXやバイナリーオプション業者ランキング&ブログ体験記での勝率をアップできる可能性があります。


標準偏差とはあるデータの平均値から見てばらつきがどの程度が生じているのかを示す数値を用いることで、売られすぎ、買われすぎを判断することができます。作り方は移動平均線と、その上下に2本のラインを引くことで作成できます。これらを用いることで今の値がが天井あたりにあるのか、それとも底にあるのかを判断します。移動平均線の詳しい説明は、初心者必見の簡単入門サイト こちらをクリックすることでジャンプします。


具体的な見方としては移動平均線に近い上下に引かれたラインを1標準偏差とします。ここの範囲内に収まるのが確率としては68%です。さらにその上下に引かれたラインを2標準偏差として、ここの範囲内には95%が収まることとなります。


例えば、価格が2標準偏差の上方のラインを超えてきた場合はその範囲内がで収まるのが95%もあるのに、異常な事態だということができます。そういうときはトレンドが変化する可能性が高いと言うことができます。


ただ、常に ボリンジャーバンドを妄信するのは避けたほうがよさそうです。マーケットが混乱しているときは特にそうで、過去の価格形成からの連続性がなくなっているので、テクニカル分析ツールを避けるのが無難です。過去のデータを統計的に分析して、そこからの変化を持って読み取っていくものですので、 トレンドが大きく変わるような場面では無力になりがちなのです。テクニカル分析とポリジャーバンドの関係については詳細から。

 

  • FX取引

    FX取引をしていくときに、自分の考えだけでは上手くいかないこともあります。そのときは、取引歴の長い先輩に聞いてみるという方法があります。

     
  • チャート研究

    自分だけでチャートを研究・検証していても考えが煮詰まってしまうことがあります。それどころか、間違った手法で取引してしまうことになりかねません。

     
  • 正しい方法

    ですから、FXは正しい方法で取引をしている人に聞くとか、正しいやり方で行なっている人の書いた本を参考にするとか、さまざまな所から学ぶのが良い方法です。

     
  • 役に立つ

    取引は正しいやり方で行えば、FX取引は経済的に自分の役に立ちます。経済的自由を勝ち取るために、FXを 正しくリスクも含めてたくさん学びましょう。